施工事例

新築事例<出雲市/M様邸>

5人のご家族それぞれのプライベートも/確保しながら広々リビングでゆったり/動線フリー設計で実現した4LDK

タイプ名
1150-LL
工法
木造軸組在来工法
建物本体
延床面積約33.97坪
価格帯
1,500〜2,000万円台
家族構成
お母様、ご主人、奥様、お子様2人、愛犬
<出雲市/M様邸>

1

Living Room

2

Outside

3

Dining Room

4

Entrance

5

Children’s Room

6

Bedroom

7

Japanese Room

8

Storage

9

Powder Room

10

Rest Room
設計ポイント

田園が四方に広がるのどかなロケーションが魅力の分譲地に完成したM邸を紹介します。
ベースモデルは「DOハウス1150」。広いLDKに和室を合わせた1階と、2階には3つの個室のある4LDKの間取りで、2階にはドライルームと小屋裏収納を備える、居室、機能性、収納と、すべてにゆとりのある人気の企画住宅です。施主であるM様ファミリーのご家族は5人ということもあり、ご家族それぞれの個室を確保しつつ、一家全員でゆったりと過ごせるリビングのある本モデルの間取りは、M家の家族構成にぴったりです。

本モデルの間取りやコンセプトがご家族のニーズにマッチしていただけに、ベースから大きな変更はありませんが、建具を介してリビングとひとつになる設計の1階和室をお母様のプライベート部屋とするために、壁を新設して完全な個室にしたことが唯一のカスタマイズポイントです。ガーデニングがご趣味のお母様にとっては、庭への出入り口にもなる和室の掃き出し窓が真価を発揮しそうです。またリビング側も、新設した壁面の効果で、本来の建具面では配置不可能だったテレビ台を置けるようになり、空間の自由度が向上しました。

スペース効率の上がったリビングは、リビング階段はもちろん、洗面バスルームとリビングが直接繋がる動線フリーの設計が特徴で、新設された壁に向かってソファを配置しても、空間にゆとりがあるのも大きな魅力です。そのゆとりを生み出すリビング幅がそのままキッチンの作業フロア幅になる設計で、対面するダイニングに十分な面積を取ったうえで、キッチンの広さも確保しています。
2階には8帖の寝室と6帖部屋2つと設計。バルコニーに繋がるドライルームは扉を設けた独立設計なので、洗濯干し場以外にもいろいろ活用できるスペースです。小屋裏収納はご家族の多いM家にとってはマストの9帖。新たに設けたサッシの小窓で明るさも十分で、現在はお子様の遊び場としても重宝されているとのことです。

このお家の見どころ

見どころ

家族みんなで一緒に過ごせるスペースとして十分な広さがあって満足しています。南向きのダイニングも掃き出し窓のおかげで明るくて、陽当たりも最高です。

見どころ

家族が多い分、荷物も多くなるので、9帖の小屋裏スペースは助かります。窓もつけてもらったので、明るさもあって物置っぽい湿っぽさとも無縁で、安心して子どもの遊び場としても使えています。

見どころ

リビングから直接洗面脱衣所なので、冬場でも億劫にならずに使えるのも良いですし、何よりも浴槽がゆっくり足が伸ばせるビッグサイズというのも気に入っています。

担当者メッセージ

初めはお住まいの近くの築浅中古住宅のお問い合わせで、ご縁がありました。ただどうしても既存の住宅ではご家族皆様のご希望が叶わなかったため、間取り等が思い通りになりやすい新築にお話が進みました。それから土地を色々と一緒に検討しましたね。M様はお知り合い様が多く、様々な情報をお聞きになっては私にご相談をしていただきました。それがとてもうれしかったです。
この土地の販売が決まった当初、これはM様のためにあるような土地だと思いました。立地や広さなども条件に合い、ご家族皆様と二人三脚でお話を進めさせていただく事が決まったときは私も身が引き締まる思いでした。色んなハウスメーカー・工務店がある中で、一生のお買い物でお選びいただいた事を光栄に思っております。今後共よろしくお願い致します。

その他の施工事例

来場予約フォーム

 

プライバシーポリシー

趣旨

西日本ホーム株式会社(以下「当社」という。)では個人情報保護の重要性を認識し、自社管理各ホームページやインターネット・メール等から収集した個人情報(以下「個人情報」という。)の適切な管理、保護の徹底を期するため、この方針を定めた。

個人情報の収集、 利用及び提供

西日本ホーム株式会社は、個人情報の収集にあたっては、その収集目的を明示し、明示した収集目的の範囲内でのみ個人情報を利用します。 また、事前に本人の同意を得た場合を除き、個人情報の第三者への提供はいたしません。 ただし裁判所、警察等権限を有する機関からの合法的な要請等がある場合は、本人の同意なくして情報の提供に応ずる場合があります。

個人情報の廃棄

不要となった個人情報データは、速やかに、適正な方法で廃棄します。

個人情報の適正な管理

個人情報を適正に管理し、不正利用、紛失、改ざん、漏洩等を防止するため、西日本ホーム株式会社の社員、担当者及び外注取引先(以下「取引先等」という。)に対する遵守事項を次のとおり定め、その徹底を図ります。

社員等の遵守事項

社員等は、当社に係る個人情報を不正に利用し、又は他人に不正に提供してはならない。

社員等は、個人情報に掛かる入力資料、出力資料又は電磁気的記録媒体(以下「入力資料等」という。)を適正に管理しなければならない。

社員等は、入力資料等を他人に不正に交付し、又は遺棄し、若しくはき損してはならない。

社員等は、入力資料等を廃棄するときは、裁断、データの消去その他の方法により情報を復元できないように措置しなければならない。

社員等は、自己のパスワードを他人に知らせてはならない。

社員等は、パスワードを他人に使用されることがないように管理しなければならない。 社員等は、当社の活動目的以外の目的で当社が運用するネットワークシステムを利用してはならない。

社員等は、コンピューターウイルスの侵入及び拡散の防止に配意しなければならない。

本方針の見直し

常に個人情報保護及び情報セキュリティー等に関する知識の研鑽に努め、必要に応じて本方針内容を見直し、内容更新を行います。

同意して進む