施工事例

新築事例<境港市/S様邸>

伸び伸び暮らせる住まいをコンセプトに/間取りの持ち味を生かした機能的カスタマイズ/スタンダードな中に個性が光る住み心地のよい家

タイプ名
1350S-J カスタム
工法
木造軸組在来工法
建物本体
延床面積約39.57坪
価格帯
2,001〜2,500万円
家族構成
ご主人、奥様、お子様2人
<境港市/S様邸>

1

Dining Room

2

Kitchen

3

Entrance

4

Japanese Room

5

Bedroom

6

Cabinet

7

Powder Room

8

Bedroom

9

Walk-in Closet
設計ポイント

田畑も点在する昔ながらの住宅エリアに完成したばかりのS 邸を紹介します。
約147 坪という広々とした敷地に建つのは「DO ハウスS 1350-J カスタム」。施主ご夫妻とお子様お二人のS 家ファミリーですが、わんぱくざかりのお子様たちと伸び伸び過ごすために、5 ~ 6 名の大人数向けのこのモデルを選ばれました。ひとつひとつの居住空間にゆとりを持たせた本モデル。その真価を発揮するLDK を中心に、ご夫妻のご要望に沿ったカスタマイズを加えたのが、S 邸の大きな特徴です。

まず玄関部には、間口の広い土間にはシュークロークと玄関収納を装備しました。「玄関が自然と華やぐように」という奥様からのリクエストによるアクセントクロスが空間をさりげなく飾ります。
数々のカスタマイズを加えたLDK は、小上がりの和室を含めると29 帖という大きなリビング空間が広がります。大きな変更点としては、ダイニングと対面していたキッチンをリビングに向けたアイランド型に。慌ただしい朝に効率よく食事がとれるようにとチョイスされた、カウンターと一体化した大型アイランドが空間を引き締めます。

そのアイランドの横には、バックヤード風ドライルームを増設。さらに和室との間には、「いつでも子どもたちの様子が見られるように」という奥様の希望で、オリジナルの化粧台兼ワークデスクを造作。またキッチンがリビング向きになったことでできた空きスペースの活用として、洗面脱衣所備え付けのお子様用の衣類収納を新設と、ゆとりのある中でも効率のよい空間設計を徹底させました。
2 階はご夫妻の寝室と6 帖のお子様部屋が2 つ。寝室はベッド3 台並べてもゆとりの10 帖にウォークイン収納も完備。ホール側には納戸もあり、収納力も万全です。
スタンダードな間取りの要所にご夫妻の要望を取り入れることで、オリジナルな居住空間に変貌したS 邸。「広い庭も含めて子どもたちが喜んで走り回っているのを見るだけでも、この家にして良かったと実感しています」とご家族も納得の住まいになりました。

このお家の見どころ

見どころ

元々の設計ではリビングとフラットになっていましたが、インスタで見つけて「良いなあ」と思っていたのが、この小上がりスタイルだったので、実現できて良かったです。空間にメリハリが生まれましたね。

見どころ

広いウッドデッキに人工芝を敷いた庭は、元気いっぱいで遊び回る子どもたちのため。大人にとっては、ゲストを呼んでバーベキューパーティーなど、いろいろ使えそうです。

見どころ

元々はダイニングに向かっていたキッチンでしたが、子どもたちの様子やテレビを見ながら作業がしたかったので、今の配置にしてもらいました。おかげで洗面横に子ども専用の衣類収納もできましたし、ドライルームへの動線も良くなったし、言うことないですね。

担当者メッセージ

「子供が楽しめる家」を目指して建築しました。特に庭は子供がよく走り回ってるので作ってよかったと思います。リビングも要望が多数ありましたが、使い勝手のいいリビングに仕上がりました。

その他の施工事例

来場予約フォーム

 

プライバシーポリシー

趣旨

西日本ホーム株式会社(以下「当社」という。)では個人情報保護の重要性を認識し、自社管理各ホームページやインターネット・メール等から収集した個人情報(以下「個人情報」という。)の適切な管理、保護の徹底を期するため、この方針を定めた。

個人情報の収集、 利用及び提供

西日本ホーム株式会社は、個人情報の収集にあたっては、その収集目的を明示し、明示した収集目的の範囲内でのみ個人情報を利用します。 また、事前に本人の同意を得た場合を除き、個人情報の第三者への提供はいたしません。 ただし裁判所、警察等権限を有する機関からの合法的な要請等がある場合は、本人の同意なくして情報の提供に応ずる場合があります。

個人情報の廃棄

不要となった個人情報データは、速やかに、適正な方法で廃棄します。

個人情報の適正な管理

個人情報を適正に管理し、不正利用、紛失、改ざん、漏洩等を防止するため、西日本ホーム株式会社の社員、担当者及び外注取引先(以下「取引先等」という。)に対する遵守事項を次のとおり定め、その徹底を図ります。

社員等の遵守事項

社員等は、当社に係る個人情報を不正に利用し、又は他人に不正に提供してはならない。

社員等は、個人情報に掛かる入力資料、出力資料又は電磁気的記録媒体(以下「入力資料等」という。)を適正に管理しなければならない。

社員等は、入力資料等を他人に不正に交付し、又は遺棄し、若しくはき損してはならない。

社員等は、入力資料等を廃棄するときは、裁断、データの消去その他の方法により情報を復元できないように措置しなければならない。

社員等は、自己のパスワードを他人に知らせてはならない。

社員等は、パスワードを他人に使用されることがないように管理しなければならない。 社員等は、当社の活動目的以外の目的で当社が運用するネットワークシステムを利用してはならない。

社員等は、コンピューターウイルスの侵入及び拡散の防止に配意しなければならない。

本方針の見直し

常に個人情報保護及び情報セキュリティー等に関する知識の研鑽に努め、必要に応じて本方針内容を見直し、内容更新を行います。

同意して進む