施工事例

新築事例<米子市/M様邸>

コンパクトながら部屋数も豊富/子育て世代に向けた機能性を搭載/シンプルで使いやすい家づくり

タイプ名
875ー4L
工法
木造軸組在来工法
建物本体
延床面積約25.98坪
価格帯
1,000〜1,500万円台
家族構成
ご主人、奥様、お子様2人
<米子市/M様邸>

1

Living Room

2

Dining Room

3

Outside

4

Study Room

5

Children’s Room

6

Entrance

7

Bedroom

8

Balcony

9

Powder Room

10

Rest room
設計ポイント

ご夫妻と2人のお子さま、そして愛犬が暮らす、M様ファミリーの新居を紹介します。お子さまたちの成長に合わせ、このたびのマイホームを実現されたご夫妻。モデルハウスの見学後、ほぼ即決で気に入ったくださったのが、そのモデルハウスと同型の「875ー4L」モデル。子育て世代に向けたモデルで、大きな特徴は、25坪に4LDKを実現させた機能的パッケージングにあります。「子どもたちはまだ小さいですが、将来的にはそれぞれの個室が必要になるので、2階に3部屋というのは理想どおりでした」と奥さま。とはいえ、まだ小さなお子さまたちが部屋をしっかり使えるようになるのはまだ当分先。それまではドライルームや物置スペースとして有効利用していくとのことです。

そんなご家族の中心となるのが、1階LDK。標準仕様では、リビング横に和室(客間)が設計されますが、M様邸はご主人の書斎とするため、その1階和室をフローリングの洋室に変更。LDKと同じフロアデザインにしたことで空間としての一体感がアップ。LDK(15.7畳)に4.5畳の洋室がプラスされ、元より開放的なリビング空間がさらに広く大きく感じられるようになったのが、M様邸の大きな特徴です。
書斎(洋室)に変更した以外は、モデル標準仕様のM様邸ですが、「1階部は来客も多いので大人しく白で統一。でも、多少はアクセントをつけたかったので、リビングと書斎の1面にさりげないパターン柄をチョイスしました」とクロス選びで住まいの個性づくりを楽しまれています。

家族一緒にゆったり過ごせるリビングに、家事をしながらでもお子さまたちの様子が確認できる対面スタイルのキッチン、そしてバスルームと、「『ここは絶対に広い方が良い!』と希望していた部分にゆとりがあって、しかも使いやすい」と奥さま。機能性を追求したシンプルながら広々とした空間という、このモデルの特徴をすべて気に入ってくださったようです。

このお家の見どころ

見どころ

ゆったり感が良いですね。子どもたちがそれぞれの部屋を使うようになるまで、まだ当分かかりそうですが、それまで家族みんなが集う空間として申し分ない広さです。

見どころ

リビングや書斎のトーンを抑えた分、トイレは思いっきり自分の趣味で仕上げてもらおうと思ったので、当然気に入っています。お客さんが使ったときにサプライズになるかも(笑)

見どころ

これまでの狭くて不便なアパート暮らしのことを思うと、いろいろと満足な面ばかりなんですが、その中でも浴室は広々としていて、子どもたちと一緒に入っても余裕あるサイズですし、毎日の入浴が楽しくなります。

担当者メッセージ

マイホームを計画するにあたって資金面、土地選定、家の間取り、形、色選びなどお客様にとっても多くの時間と労力を注いで頂いています。
また、その過程で色々な問題に直面することもありますが、お客様のご協力と思いがあってこそ、問題を解決していくことができ、またその分完成した時の感動も大きいものがあります。ご計画から完成まで根気強く、私どもにお任せいただき、厚くお礼を申し上げます。今後とも末永いお付き合いをお願い致します。
(担当:三代昭博)

その他の施工事例

来場予約フォーム

 

プライバシーポリシー

趣旨

西日本ホーム株式会社(以下「当社」という。)では個人情報保護の重要性を認識し、自社管理各ホームページやインターネット・メール等から収集した個人情報(以下「個人情報」という。)の適切な管理、保護の徹底を期するため、この方針を定めた。

個人情報の収集、 利用及び提供

西日本ホーム株式会社は、個人情報の収集にあたっては、その収集目的を明示し、明示した収集目的の範囲内でのみ個人情報を利用します。 また、事前に本人の同意を得た場合を除き、個人情報の第三者への提供はいたしません。 ただし裁判所、警察等権限を有する機関からの合法的な要請等がある場合は、本人の同意なくして情報の提供に応ずる場合があります。

個人情報の廃棄

不要となった個人情報データは、速やかに、適正な方法で廃棄します。

個人情報の適正な管理

個人情報を適正に管理し、不正利用、紛失、改ざん、漏洩等を防止するため、西日本ホーム株式会社の社員、担当者及び外注取引先(以下「取引先等」という。)に対する遵守事項を次のとおり定め、その徹底を図ります。

社員等の遵守事項

社員等は、当社に係る個人情報を不正に利用し、又は他人に不正に提供してはならない。

社員等は、個人情報に掛かる入力資料、出力資料又は電磁気的記録媒体(以下「入力資料等」という。)を適正に管理しなければならない。

社員等は、入力資料等を他人に不正に交付し、又は遺棄し、若しくはき損してはならない。

社員等は、入力資料等を廃棄するときは、裁断、データの消去その他の方法により情報を復元できないように措置しなければならない。

社員等は、自己のパスワードを他人に知らせてはならない。

社員等は、パスワードを他人に使用されることがないように管理しなければならない。 社員等は、当社の活動目的以外の目的で当社が運用するネットワークシステムを利用してはならない。

社員等は、コンピューターウイルスの侵入及び拡散の防止に配意しなければならない。

本方針の見直し

常に個人情報保護及び情報セキュリティー等に関する知識の研鑽に努め、必要に応じて本方針内容を見直し、内容更新を行います。

同意して進む