施工事例

新築事例<米子市/S様邸>

家族第一主義な若い世代におすすめの/コンパクトだけどゆとりある空間/シンプル設計だからこそ楽しめる家づくり

タイプ名
875-4L南
工法
木造軸組在来工法
建物本体
延床面積約25.98坪
価格帯
1,000〜1,500万円台
家族構成
ご主人、奥様、お子様2人
<米子市/S様邸>

1

Living Room

2

Living Room

3

Living Room

4

Living Room

5

Living Room

6

Entrance

7

Kitchen
設計ポイント

お子様たちの教育環境に適した土地選びに苦労されていたご主人・S様。ちょうどそんな折りに偶然見かけたという弊社の建売物件を建築途中にも関わらず気に入っていただき、晴れてハウスオーナーとなっていただいた、S様ご家族の住まいを紹介します。完成した住まいは「DOハウス 875-4L南」。廊下部分を少なくすることで、S邸のように比較的コンパクトな土地面積であっても、4LDKというゆとりの居室スペースを実現した、S様ご家族のような4人家族に人気のあるモデルです。

カラーリングを含めて外観上のアクセントにもなる玄関ポーチ部分は、そのスクエアな空間の内部を無駄なく活用するため、玄関ドアを正面ではなく横に配置。正面側にはトイレを置くことで、ポーチ部分だけでなく、シューズクローク付きの玄関ホールもしっかり確保しました。玄関ホールから続く1階LDKは隣接する4帖半の和室を合わせると20帖以上の広さになります。床は明るい木目のフローリングですが、S家では、わんぱく盛りのお子様たちが遊んでも傷つかないよう、ご主人のDIYでタイルカーペット敷きに。「作業用フロアが広くて調理がしやすい」とご好評いただいたキッチン部分は違うカラーにアレンジ。また、新居に合わせて用意された家具類をリサイクルショップで調達されたご主人曰く、「タイルカーペットの色をあらかじめ決めていたので、それに合わせて統一感のでるような家具を探した」とのことで、ダイニングテーブルやソファなど、とてもリユース品とは思えないほど、LDKにフィットしているのが印象的です。

シンプルな設計だからこそ、アイディア次第でオリジナルな住まいが創造できるということをS様ご家族にあらためて教えていただきました。

このお家の見どころ

見どころ

建売プランのままの屋内(居室部分)も気に入っていますが、外構はこちらの要望を取り入れてもらって、それも気に入っているポイントです。内容としては、コンクリート敷きのフラットな面を多くすることで駐車スペースを最大限に増やしていることです。普通車で5台、軽自動車なら8台はイケるんじゃないかな(笑)いずれはバーベキューパーティーなんかにも使いたいですね。

担当者メッセージ

S様とは約3年前からお家探しのお手伝いをさせて頂いていました。今回、ご紹介をさせて頂いた建売住宅は、ご希望の校区ではなかったものの、立地、建物、価格、全ての面で気に入って頂きご契約に至りました。S様とは年代も近く、子育てなどプライベートな相談にも乗って頂いたり、毎回楽しく打合せをさせて頂いたのが印象に残っています。これからのS様ご家族の未来にDOハウスがずっと寄り添っていける存在であればうれしく思います。

その他の施工事例

来場予約フォーム

 

プライバシーポリシー

趣旨

西日本ホーム株式会社(以下「当社」という。)では個人情報保護の重要性を認識し、自社管理各ホームページやインターネット・メール等から収集した個人情報(以下「個人情報」という。)の適切な管理、保護の徹底を期するため、この方針を定めた。

個人情報の収集、 利用及び提供

西日本ホーム株式会社は、個人情報の収集にあたっては、その収集目的を明示し、明示した収集目的の範囲内でのみ個人情報を利用します。 また、事前に本人の同意を得た場合を除き、個人情報の第三者への提供はいたしません。 ただし裁判所、警察等権限を有する機関からの合法的な要請等がある場合は、本人の同意なくして情報の提供に応ずる場合があります。

個人情報の廃棄

不要となった個人情報データは、速やかに、適正な方法で廃棄します。

個人情報の適正な管理

個人情報を適正に管理し、不正利用、紛失、改ざん、漏洩等を防止するため、西日本ホーム株式会社の社員、担当者及び外注取引先(以下「取引先等」という。)に対する遵守事項を次のとおり定め、その徹底を図ります。

社員等の遵守事項

社員等は、当社に係る個人情報を不正に利用し、又は他人に不正に提供してはならない。

社員等は、個人情報に掛かる入力資料、出力資料又は電磁気的記録媒体(以下「入力資料等」という。)を適正に管理しなければならない。

社員等は、入力資料等を他人に不正に交付し、又は遺棄し、若しくはき損してはならない。

社員等は、入力資料等を廃棄するときは、裁断、データの消去その他の方法により情報を復元できないように措置しなければならない。

社員等は、自己のパスワードを他人に知らせてはならない。

社員等は、パスワードを他人に使用されることがないように管理しなければならない。 社員等は、当社の活動目的以外の目的で当社が運用するネットワークシステムを利用してはならない。

社員等は、コンピューターウイルスの侵入及び拡散の防止に配意しなければならない。

本方針の見直し

常に個人情報保護及び情報セキュリティー等に関する知識の研鑽に努め、必要に応じて本方針内容を見直し、内容更新を行います。

同意して進む